ログハウスとして建てることができる種類について

丸太1本ずつを加工して組み立てるハンドカットタイプ

ログハウス自体には様々な種類がありますが、その中でも王道であり人気の高いタイプがハンドカットタイプになりますよ。家を建てる際に使用する丸太の1本1本は、職人の手によってしっかりと加工されたものを使用するという特徴があります。また加工する職人の方は木材自体の特徴を熟知しているので、木材を最大限に活かした加工を行ってくれます。そのため完成した時には木材を最大限に活かしつつも、見た目も魅力ある家に仕上げることができますよ。そのため生活する上で木材を最大限に活かされつつ、目で見て楽しむ事もできるデザインにすることができますよ。また木材自体がもつ色合いなどをそのまま活かすデザインも多いので、温かみがありながら自然のなかに溶け込むデザインにもなっていますよ。

均一の木材素材を使用するマシンカットタイプ

素材自体は木材を使用していますが、丸太よりも機械で均一にかっとした木材を使用して建てられるタイプがマシンカットタイプのログハウスになりますよ。家全体は木材でつくられているので自然あふれるデザインにも出来ますが、加工した木材自体に着色するなどしても利用出来ます。そのため見た目としてはモダン風にデザインしたりカントリー風にデザインするなど様々な工夫が行えるという特徴が大きいですね。そのため自分の好みを最大限に活かして建てられるデザインになるので、マシンカットタイプは人気の高いデザインの1つとなっていますよ。通常の丸太をそのまま使うよりも、木のよい部分のみをカットして使用する事になります。そんため木材の特徴を最大限に活かしつつも、品質なども加工によって一定に保てると言う点も大きな魅力の1つですね。

丸太の骨組みと壁を利用したポスト&ビームタイプ

ログハウスのタイプの中でも、丸太を骨組みとして使用しつつ壁素材は通常タイプを利用して作成するのがポスト&ビートタイプになりますよ。丸太を使用する部分は家を組み立てる部分に使用されることが多いですが、壁の一部にも丸太を重ねて使用する場合もありますよ。それ以外に通常の壁素材を組み合わせることで、木材独特の風合いを楽しみつつ洋風のようなデザインにも組みあ合わせが可能なデザインの1つとなっていますよ。家を建てる際に丸太を全て使用するとやはりコスト的に割高になりがちですが、ポスト&ビートタイプの場合は一部のみ丸太を使用するので、コストなども抑えてデザインすることができますよ。

ピックアップ記事一覧