ログハウスは木材の特徴を活かしたメリットが多いです

木材の特徴を活かして調湿効果がとても高いです

ログハウスは家を建てる際のデザインの1つになりますが、メインとして使用される素材は木材になります。使用する木材自体は通常の木材とは違い、丸太をそのまま活用し、部屋の中もそのまま丸太が露出していると言う点が大きな特徴ですよね。その露出された木材が、最大限発揮されるのが調湿調整がありますよ。木材自体はもつ性質として、湿気を吸収したり放出したりといった調整機能がありますよね。日本家屋などは木材を使用しているのでもともと調湿機能は高いのですが、より木材を露出しているデザインとなるログハウスはそれ以上の調湿効果に優れていますよ。そんため乾燥しやすい冬などは適度に湿度があり、梅雨などの湿度が高くなりがちな時期でも湿度自体を抑えてくれますよ。そのため1年をとおして平均して湿度は50%から70%程度に抑えられるので快適に過ごすことができますよ。

太い木材による断熱効果に優れています

ログハウスは丸太をそのまま使用したデザインだからこそ、木材がもつ特徴を最大限活かして利用することができると言う点が大きいですよね。その特徴の1つになるのが優れた断熱効果がありますよ。コンクリート素材と比べると同じ厚みを利用した場合ですが、コンクリート素材よりも12倍もの断熱効果がありますよ。そのため気温の変動が激しい季節も、快適に過ごすことができますよ。冬であれば外気の寒い冷気を部屋の中に入れにくいだけでなく、部屋の暖かさを外に逃がさない効果も高いです。そんため暖房を切ったあとでも、部屋の暖かさが長く保つ事もができますよ。逆に夏の場合は外がとても暑い時期であっても、外気の熱気を部屋の中に伝えにくいので部屋の中は冷蔵を使う前でもひんやりしていることが多いです。また冷房を使用しても冷えた状態を長く保つことができますよ。

地震や火事に強いので安心して生活できます

ログハウス自体は家を建てる際に木材を交差させて組み立てていく仕組みになりますが、その仕組みによって地震が起きた場合でも振動を組まれた木材同士が吸収してしまいます。そんため日本では地震が多いですが、強い地震が着た場合でも耐えらる強度が高いので安心ですよね。また木材だからこそ火事に弱いと思われがちですが、実は丸太を使用しているので燃えにくいという特徴もありますよ。中まで火が届く事はなく、表面だけで火の勢いを抑える効果などもあります。そのため通常の家屋に比べると地震や火事といった不安に関しても、高い耐久性があるのでとても安心ですね。

ピックアップ記事一覧